FC2ブログ

プロフィール プロフィール ×

六衛府★

Author:六衛府★
日本の伝統文化、歴史を大切にしたいと考えています。🇯🇵 無党派 / 政治経済 / 伝統保守 / 日本史 / 有職故実 / 凌霜会 / 法学士 / 反共 / 2アマ / ゆうきん


最新記事 最新記事 ×

訪問者数カウンター 訪問者数カウンター ×

カテゴリ カテゴリ ×

リンク リンク ×

検索フォーム 検索フォーム ×

RSSリンクの表示 RSSリンクの表示 ×

リンク リンク ×
このブログをリンクに追加する

QRコード QRコード ×
QR

六衛府文庫 六衛府文庫 六衛府文庫
Twitter六衛府の文書倉庫です。


第5次日韓全面会談予備会談の一般請求権小委員会 第13回会合 (韓国側公開文書) 【2019/01/18 02:22】 外交文書
第5次日韓全面会談予備会談の一般請求権小委員会 第13回会合 (韓国側公開文書)

昭和36年5月10日

※韓国側にも当然議事録があり、原本の画像を東亜日報が公表していますが、原文は韓国語です。
筆者は韓国語が読めませんので、ここでは「韓国側文書に見る日韓国交正常化交渉(その4)」・
季刊「戦争責任研究」第57号66-75Pから、
李洋秀さんが原文を日本語に翻訳したものを引用掲示させていただきます。


引用ここから
CapD20190117_4.jpeg
CapD20190117_5.jpeg
CapD20190117_6.jpeg
CapD20190117_7.jpeg
                                                           引用ここまで


前回の日本側の資料よりも、対話ベースで書かれているので双方のやりとりがよくわかります。

注目したいのは三段目にある、日本側「被害者個人に対して補償してくれというのか。」という問い

に対する韓国側の、「われわれは国として請求する。個人に対しては国内で処置する。」の部分、

五段目の韓国側

「それをわれわれは国内措置としてわれわれの手で支給する。日本側で支給する必要はないではないか」

六段目の「とにかくその支払いはわが政府の手でする。」の各発言です。

日本側に関与させず、韓国政府が受け取り、個人に支払うことに執拗にこだわっていたことが記録されています。

この時点で戦後16年近く経過しているわけですが、ことさら被害を訴えている割には政府として自国民に

補償の立て替えも まったく行っていないという杜撰さも見えます。




※資料管理ブログですのでコメントは受け付けておりません。Twitterへお願いします。





スポンサーサイト






この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yukindone.blog.fc2.com/tb.php/2-9a9eeb78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)